公務員試験 きっと受かるよ

普通に独学したり、普通に予備校に通っても公務員試験になかなか受からない、本当のわけを、きっぱりお教えします。

地元に帰ろう

アマちゃんが終わりました。私が感じたあのドラマの主題は、地元に帰ろう、ということです。

ドラマの中GMTも歌っていましたね。地元へ帰ろう。で、実際、アマちゃんは地元へ帰ったわけです。(GMTは本当に紅白に出るのでしょうか?)

さて、本題。

12月に始まる今年度大学三年生が迎えるシュウカツは今年が最後。
来期からは翌年明けの三月からのスタート。シュウカツ期間が短くなるのは
民間志望の学生さんには確実にきつくなります。。公務員試験は再来年から
実施時期がずれるので、併願者には、かえって勉強時間ができることになります(
大学に二年生からよ)。



このところ、EYEの合格方法確立講義に参加する受講生の方の志望動機の
クオリティがぐっと上がりました
聞いている態度も、教室の空気感も、
面接対策自己紹介でも、
すごくやる気満々です。
我々への信頼感も非常に厚いことが感じられます。


不況だから、安定しているから公務員は、もちろん志望動機としてあると思いますが、
それ以上にやり甲斐としての志望が高いと感じられます。

昨今の日本は、
竜巻、巨大台風、ゲリラ豪雨、などが頻発。橋とか河川堤防とか、インフラの補強が待ったなし。

オリンピックだから職員大増員という話は、公務員には当然あるようですが(ボランティアだけで回るわけないでしょ!)、そんなことよりもっと大事なのは、住民の命を守ること。

公務員がやらないといけないことは、オリンピックだけでなく、
亜熱帯化したこの日本の、災害からの安全確保。こちらがメインテーマ。お金儲けではないのです。

京都嵐山の洪水をみても、各地の竜巻被害をみても、増水したあなたの近所の河川をみてもわかったと思います。もう昔の日本ではないのです。地震や噴火、津波の件もあるし、
老老介護や特養の足りなさ、待機児童の多さ、など、問題山積です。

収益を稼ぎ出す民間の人も必要です。収益を出そうとすれば、高齢化、人口減少化、平均賃金減少化したこの国ではなく、アジアの諸外国に、出ていくのが、大きい企業の当然のセオリーです。

でも、上のような問題に使命感を感じる人は、民間だなんていっている暇はないし、人口減少社会で問題山積な日本を、地元をどうにかしていかないと! 
「俺は、日本に残る。地元に残る。地元に帰る!」という人がたくさんいてしかるべきです。


公務員志望な人なら、そうではないですか。公務員に興味があるとはそういうことです。

あなたはそうは思いませんか。今、民間企業に勤めている人の中にもたくさんいることとおもいます。

この日本を、地元を、言葉が軽い政治家や、官僚に任せていて大丈夫ですか?
大丈夫じゃない!とおもう方なら、あなたの志望動機もきっと、クオリティ高いことでしょう。


さて、いよいよ10月突入です。五輪は7年後ですがあなたの真剣勝負は、来年の五月の公務員試験。
今の二年生は、再来年の七月。オリンピックよりずっと早くやってきます。

あなたが東京オリンピックを迎えるとき、どのような職業人になっていますか。
なっていたいですか?

今なら、実現への努力ができる時間があるんです。
時間は平等にやってきます。有益にするのも自分。無駄にするのも自分です。
結果はベストにもワーストにもできます。どうせならベストな人生を。



今村(EYE)


PS

10月になると、今村塾が始まります。
今年は100人模擬面接した内容を活かして、表面的な面接技法ではなく、
もっと根本的な、ハートのところをいじろうと思います。特に地方公務員は
地元への愛情を具体的な行動と言葉にしなければなりません。

もちろん、成長するのは受講生自身です。また、人気のチューターゼミも
更にパワーアップ。今まで言葉では伝えられなかった、

「なんで自分が面接突破できたか?」を、

なんとしてでも言葉で伝えられるように
していこうと思います。現受講生もこれから受講生も、
試験日は同じ。

「どうにかなりますか?」ではなく、「どうにかする!」のです。


それは、あたかも、五輪プレゼンの担当者たちと同じです。全てを賭けたのです。
できることはすべてやりきったのです。あなたはやりきったといえますか?

今回はやりきった!といえるようにしましょう。ちゃんと、プレゼンの先生もいるのですから。
大丈夫です。

2020東京五輪で動く就職活動。公務員試験。

招致のプレゼン、ロビー活動見事でした。まさに日本の底力を見た気がしました。

2020東京五輪に向かって、
お台場地区を中心にインフラが整備されていきます。
お台場は、東京都江東区が多くを所管。もちろん、これからメインで
動くのは東京都庁。そして、バックアップはスポーツ所管の文部科学省。

かなりの確率でスポーツ庁もできるのでないでしょうか。

もちろん2020で終わりでなく、それをきっかけにして
世界の人々に観光に来てもらえるようにしていく観光庁の活躍も期待できます。

民間では、インフラの準備ということから、ゼネコン。
観光ということから、JTBとかHISとか阪急交通社とか。
有望です。
今年、海外からの観光客が激増していますが、それでもやっと1000万人に届くかどうかです。
これが2020には2500万人と言われています。

公務員の世界では、文科省、都庁、江東区。さらには国土交通省、観光庁、そして、実現するかもしれないスポーツ庁。こういったところが、2020オリンピック関連で活躍できそうだし、
2020以降も有望だと思います。


こういう視点で就職活動してもいいと思います。
民間でも公務員でも。

かなりの確率で日本に来てくれた海外の人は日本のファンになってくれると思います。

安全だし日本人の多くは親切だし、落としたお財布が戻ってきたり、深夜一人で歩けるし、電車の時間は正確だし、ドーピングする選手は皆無だし、お・も・て・な・し は世界一レベルだし。


台場のオリンピック会場へは、専用の道路・レールで連結のバスがとおり、路面電車もとおりそう。豊洲から住吉までは地下鉄が延伸。さらには第二晴海通りができ、もうひとつ。羽田ー成田リニア新幹線構想もあります。

たぶん、実現してしまうのだと思います。日本人には底力あるから。


あなたは2020五輪。見に行くだけですか?ボランティアだけですか?

せっかく一生に一回の機会ですから、オリンピックに参加できる仕事に就いたらいいのではないですか! 若い人はいいよね。

たぶんね。役所の方も大忙しで絶対、人足りないから、人員大増員だね。民間よりいいんじゃない。
大チャンス! 
浮かれている国民側もいいけど、勉強して公務員試験に受かって内部で仕事としてかかわっていく。2020東京に。それっていいよね。凄いことでしょ。

だったら、勉強して公務員試験に受かりましょう。絶対に。
メインの部署で働けないかもしれないけど、ボランティアや観客よりはずっと近い所で
五輪にかかわれるのではないでしょうか。

七年なんてあっという間ですよ。

今村潤平(EYE)

Profile
訪問者数

  • ライブドアブログ