d4f20cb1.jpg大阪のユニバーサルスタジオを、32階から見渡す。USJは、

さて、面接対策パート3です。

この前、千葉の大学にいって面接指導をしていたら、
よくある、間違いがあったので、紹介します。
実は、私も、受験生時代、やってました。

それは・・・・

面接官:それでは公務員自体の志望動機を説明してください。

受験者:はい。民間企業はどうしても一社の利益を追求するということが
ついてまわります。
しかし、公務員なら、住民の利益を第一に考え、行動することができます。
全体の奉仕者として、公務員を志望しています。


何がいけないか!

はい。利かれていないのに、まず、民間企業のことを出します。それも利益追求は悪者扱いのようです。

まず、お約束。民間企業のことは、きかれないうちは、一言も言わない。
面接官が、民間企業はどうですか?ときかれて初めて、民間の話をするのです。

最初に民間が嫌いだから公務員ってやっちゃうと、消去法の志望動機になります。
民間はいやだから、営業はやりたくないから・・・公務員。

こう思われてしまいます。
これはもう、自分の面接ぶち壊しです。

面接については、さらに詳しく書いてみました。こちらをどうそ。

さらに、都庁と警視庁警察官、いくらもらっているかも、アップしておきました。はっきりいって、けっこう金持ちです。