小泉首相の退任まであと、9ヶ月となりました。

経済宰相の小泉さんが辞めるまであと9ヶ月。
定率減税が来年から半分になり、
総増税もすぐそこまできました。

あなたは景気はあとどれくらい持つとお考えですか?
ちなみに来年の9月まで持ちますと、
最長記録、いざなぎ景気に並びます。

ちょうどそれが9月なんです。
企業は現在、人手がたらず、新卒の採用レベルを下げても雇用しようと
しています。ということは、景気がダウンすれば、また、前にやったことを
繰り返すということにはならないのでしょうか?

リストラです。
定率減税からはじまり、総仕上げは消費税の増税。
早ければ2007年から。税率は10%という話です。

この税率を国民も企業も払わなければならない。さらには、毎年あがり続ける年金料と健康保険。

なのに、しゅうかつが楽になったと、未来予測力0の若者たち。

これからの日本社会。長寿命、少子化。人口減社会。
これでやっていける企業は、

1、富裕層に
2、高いものを売っていける企業と

3、インドや中国に
4、現地生産と現地販売ができる企業
だけとは思いませんか?


ということは、民間の赴任先は、中国?インド?
山、海、温泉、家族。やはり日本が好き。日本人がすきという人は・・・・・どうすればいい?



だからといって、みんなが公務員を目指す社会も変なもの。
利益でなくて、住民のために、やらなくっちゃ!という人は
公務員試験。今すぐに目指してください。
別に民間就職活動を、並行してもかまいませんから。生き残る企業の。


来年採用が増える公務員は

1、裁判所事務官
2、国税専門官

3、警察官
4、消防士



まだまだなれる公務員はたくさんあります。日本のバイトを含めた労働人口
8000万人のうち、公益法人、公務員は約800万人。

10人に一人は公務員&準公務員です。
なろうと思った人だけラッキーに公務員になっている事実は
知らないと、もったない人生です。企業はどうも・・・という人には。

                             今村潤平
最新情報