それでは今日は、本試験1次試験1週間前からのペースと心がけをお話しましょう。

1週間前になったら一番大事なこと。
それは体調管理。
当たり前じゃないか?と思いましたか?

それでは、当日、熱を出す人、風邪気味の人、頭が痛い人、医務室に担ぎこまれる人が
いることはご存知ですか?

何が大切ってこれより大切なことはありません。
あなたがオリンピックでの予選の日を迎える1週間前だと仮想してみてください。
猛練習より、体調を整えていく、精神力をあげていく。イメージを強くもっていく。

アスリートたちとその点は同じです。
荒川静香も。

では、次に公務員試験的1週間。

原則として新しいものには手をつけない。
今までやってきたことの総ざらいと、暗記ものの強化。
この暗記ものの強化は、試験直前であれば、入試でも資格でも同じ。

特に時事問題や財政の数字、新法、法律改正、などは、直前であればあるほど
強化すべきもの。
そして、逆に理解ものにはもうあまり手をつけない。
ここまでくると、精神状態から、落ち着いて理解ものを強化していくというのは
なかなかつらいものです。

それより、暗記ですむ、行政5科目や人文、自然でも地学とか生物に時間を
割きましょう。

3つめ。
言わずと知れた早寝早起きです。はじめはなかなか寝付けませんので
起きる時間を強引に決め実行します。そうです。これは、外国から
帰ってきたときの、時差直しと一緒です。

日中は眠くもなりますので最初の1,2日は、15分だけ昼ねをしましょう。
昼寝を長くしないように、アラームをかけて。自習室でも図書館でも
電車でもかまいません。

次回は前日の過ごし方についてコーチします。

今村潤平(EYE)