自分ではやおき特訓。

朝なら、睡眠時間さえ短くすれば、昨夜の残業もなんのその。
勉強時間が確保できます。

バイトが忙しい学生でも、部活を引退できない人でも、
そして、やたらに仕事が忙しいあなたでも。

朝なら時間があり!です。
眠い?それはわかりますが、その程度の会社のままでいいのですか?
フリーター? 派遣? 民間の幼稚園の先生?

だめだめ。
それではいつ放り出されるか、体を壊すか、景気がブレークダウンするかわかりませんね。

自分を守りながら、家族も守り住民も守る。
それは公務員以外にありますか?


ない!ですね。

さて、せっかくの早起きです。あくびをしている暇はもったいないので、
全ての公務員試験にて最重要な数的処理の過去問をやりましょう。

5時におきて、毎日5問。90分ぐらいの内容です。
やればいいのです。
解決します。

EYEでも早起き特訓を1月からやって、強制早起き化を進めるのですが、
お金払って、わざわざ多くの人が、電車に乗り、校舎に集まります。

なぜか。スポーツクラブやジムと同じです。
そこにいば、運動できる。いつもより張り切る。友達もたくさんいる。
インストラクターもいる。相談に乗ってくれるし、このごろはやりの
1対1レッスンもある。あれ高いのに、おじさん、おばさんは大好きですね。
それぐらい、孤独では運動でもつらいから、楽しく、お金を払ってでもやろうとしているのですね。

中高年のダイエットは、仕事も健康も人生もかかっていますから・・・・・。

そして、若者20代。あなたの公務員試験も人生がかかっているとは思いませんか。

今村潤平

追伸

早おき特訓の早期割引、大オマケ値段で始まったよ。
秋講習の論文受講生の添削は上出来です。
リベンジさん。はやいとこ、来年の合格をセットインしようね。
2年生さん。マジ、シューカツするより、マジ、公務員お勉強しようね。

そのほうが確実なことは、30代のおじ様サラリーマンの皆さんなら、力説してくれる
はずです。

いざなぎ景気越えでも手取り収入は減るばかり。
なぜだ?