今年の公務員試験は、論文、面接の配点が重くなりそうです。


特に、都庁・特別区でその傾向が大きくなりそうです。
すでに、去年の試験で相当の配点変更が行われた模様。
今年の都庁の試験は、試験改革も発表されており、
まず、確実に、論文・面接が重点化されるでしょう。
国家2種では、教養試験に8分の2、
専門試験に8分の4の配点と
願書や、人事院のHPに書かれていますが、

都庁・特別区の願書には、今年も配点はなぞのままです。
なら、なぜ、そこまで重点化についていえるかといえば、
それは
合格者の特典状況からの推理です。

はっきりいいます。
論文、面接が大丈夫でなければ、1次の択一の勉強をしていても
無駄になってしまいます。

早く論文を
早く面接を

対策をしてください


今からすれば間に合うし、
4月からでは遅すぎる。

論文と面接。
今年の都庁と特別区は
明らかに、論文と面接で勝負になります。

あなたはこの情報を知りました
どうされますか?

どこでもいいです。論文模試うけてくださいね。
モギメンセツ受けてくださいね。

ちなみに、EYEでは、モギメンセツは受講生しか面倒見ること出来ないので
許してください。
論文のほうも、はやおき特訓でやっていますが、申し込みは外部の方は
しめきっております。

でも、他校さんでは多分、あると思いますので。

受かる事が大切。
だから、無駄はしない。
少しの無理はする。
でも倒れないようにする


今はそういうとき。


今頑張らないと、もったいないお化けです。

頑張るときに粛々とがんばる。

がんばっている人にもっと頑張れとは言わない。

普通にガンバッテイルあなた。素敵だよ。

今村潤平(EYE)



さあ、今回の内容はどうだったでしょうか。
公務員になりたいなら、EYEの扉をたたいてください。
人生変わります。変えるのはあなた自身です。
http://www.globaleye.co.jp  
*DVD通信講座は全国へ、宅配中。
*通学は渋谷・池袋・水道橋・梅田・京都。