X:バブル崩壊から15年。

景気はよくなったといっても、GDPは年率たかがの2%
成長ですね。

学院長:ほお、よく日経新聞よんでいるね。

X:だって、民間も併願しますし、今の段階で公務員だけには絞れないから
当然、日経ぐらいはよんでいます。

学院長:そうだね。公務員だけなら日経までは要らない。普通の新聞でいいけれど、
民間狙うなら、最低で日経の朝刊と夕刊。ちゃんとやるなら、日経産業新聞、日経MJ、
日経ビジネス、日経ベンチャーは、必要に応じてみてほしいぞ。

X:え。そんなに見れないですよ。お金もかかるし・・・

学院長:図書館があるじゃない。

X:これからの会社を探すのは難しいですか?

学院長:真剣にきいてる?

X:もちろんです。

学院長:じゃ、真剣にこちらもこたえよう。
ほとんど不可能です。

X:えっ?!

学院長:このごろのマザーズやヘラクレス、ジャスダックの株価を知っているかい?
多くの株価が、新規上場時の2分の1から3分の1だ。楽天もYAHOOもだいぶ下がった。
いい会社だよね。楽天にYAHOO.でも、世界から見たら、あぶなっかしいいということ
なんだ、

X:株価と社員として働くということはちょっとちがうのではないですか? 

学院長:短期的にはね。でもね、将来性について?がつくから、株価が下がるんだ。

X:ということは、就職って、株価のことも見てないといけないですね。

学院長:そう。マクロ的にですけれどね。日々の値動きは、デイトレイダーですから。

X:今日のテーマの終身雇用と、年功序列のアンケートについて聞きたいのですが・・・

学院長:そうです。そうです。そのアンケート。新聞にものっていましたね。
終身雇用の逆は、転職人生。現在、厚生労働省調査では、3年間で35%の新卒が
離職している。

これについて、現在の就職活動中の学生は、否定的なんだ。終身雇用に回帰したということ。もう1つ、年功序列。これの逆が、成果報酬制。これについても、若者は否定的なサイドに立ち、比率が今回逆転したんだ。

X:どうしてですか。私なんて、転職前提で就職考えていたし、お金もらえるならすぐたくさんもらいたいですけど・・・・。

学院長:おっと、だったらきみ、民間向きかも。ただね、その民間志望の人の45%が
年功序列のほうがいいと、いっている。年功序列は基本的に終身雇用制を前提にしている。


X:安全思考ということですね。

学院長:だけどね。会社はもう終身雇用も年功序列もとっていないところが大部分なんだ。
学生も入社するまでは気がつかないのだが、入社して1ヶ月もしたら気がつく。
もうこの会社、一生自分のことをめんどうみようなんて考えてないことを。
それに、成果報酬はここ15年でほぼ全会社に浸透したこと。賞与が同期で3倍違うとか、
コストがあわない人には辞めてもらうとか・・・。リストラ訴訟も多いね。


X:てことは、考え甘いということですか。

学院長:そうです。

X:じゃ、どうすればいい?

学院長:キヤノンでしょ、トヨタでしょ。

X:はっ?

学院長:超優良企業には、終身雇用している企業あるね。そういうところを目指す。

X:銀行は?

学院長:ほんとに就職の準備しているんですか?
あんなにランキングあがったメガバンク。仕事の内容、ほんとに知っているのかな。
ものすごくきびしいですね。

X:公務員は今でも終身雇用で年功序列ですか。

学院長:今のところね。一応、公務員制度改革で、成果報酬制はいれようといているね。
でも、売り上げとか利益主義でない公務員では、全面的導入は絶対に無理。費用対効果の
検証はきびしくなるだろうけれど、対価を前提にしないことで福祉や環境、治安、教育を守っている
のだから、費用対効果だけで判断できない。


X:ということは、45%の人は、自分に正直に生きるのなら、数少ない優良企業に入社するか、公務員になるということですね。

学院長:それは短絡的過ぎる。
就職、仕事は、人生の選択そのもの。友人関係、人間関係、やりがい、健康、家族、時間、
住所と、密接にかかわることだから、冷や汗も熱い汗も流して考えてほしいぞ。

X:うーん。悩みます。

学院長:当然です。悩みなさい!
人生は恐るべし。とても重く大変なのが人生。今までは親の保護で楽にきただけです。
仕事が100あったら、喜びは5.大変なのが95です。
だから、生きがい、やりがい、感謝がないと、ただお金になっても続かない。
なぜ、35%が3年以内に辞めるのか


はいったら、がっかりする会社が多いということです。
なぜ、それが入る前にわからないのか。
もれないようにしているからです。
日経1部上場企業でも、離職率高い会社たくさんあります。
新興企業ならなおさらです。
それから、さきほどのトヨタやキヤノン。そうカンタンには入れないですね。
警察官、都庁、特別区、国家2種、3種に入るほうがよっぽど楽ですね。

特に現役男性以外の方。
企業は現役男が好き。

X:今日は勉強になりました。何か、今日の話題について、勉強出来る本ありませんか?

学院長:光文社新書。若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来
城 繁幸著 735円。

X:ありがとうございました。