45歳まで国2.国3、受験できるようになる模様。


政府の規制改革会議は、国家公務員2種と3種と、再チャレンジ試験(中途採用試験)
の、受験上限年齢を45歳に引き上げるよう、提言する模様。

主婦や、フリーター、派遣などが再チャレンジしやすい環境をさらに増強する。

年齢のカウントは、受験する年の4月1日現在。
再チャレンジ制度は、安倍首相の肝いりで始まったが、

今回の受験年齢制限の緩和(国2は28歳⇒45歳。国3は20歳⇒45歳、中途採用
39歳⇒45歳)いずれも予想。


大幅な緩和である。
公務員なんて到底なれないと思っていた人。
専業主婦で社会に復活したくとも、進路を阻まれていた人。
格差社会の中で、もがき苦しんでいた人。
スキルはあるのに、企業では役立てられなかった人。
子育てが一段落した人
シングルマザーで、働いてわが子を育てていく人
海外赴任はもうこりごりの人
ボランテイアに限界を感じている人。

など、志望理由はいろいろだが、
EYEのように、受講生の平均年齢が比較的高い予備校に
合格の手だてを聞きにくる、30代が毎日いらしている。

規制改革会議の提言により
この波は40代に拡大することは確実だ。

学生もうかうかしていられない。
30代40代といえば、社会や会社の酸いも甘いも良くわかっている年代。

苦労したからこそ、味のある公務員になれる。
そして、現状から脱出すべきモチベーションは、
普通の学生の数倍。

通学でも通信でもW受講(通学と通信のミックス)でも
公務員になってしまうことが第一。

その会社で、いいことありますか?
その仕事で、やりがいありますか?

ないのなら、エイヤッと、一歩踏み出したほうがいいのでは?

あくまでもあなたの人生なんですよ!


今村潤平(EYE学院長)


追伸

面接の相談、受験の相談、EYEのカウンセラーが、相談にの・り・ま・す。
まずは、WEBを見てください。
相談される方は、再チャレンジなら、ガイダンスより個別相談がいいですよ。
30分から1時間時間をお取りします。個別相談申し込みフォームからお申し込み
下さい。大手のでっかいところにいくより良い選択だと思います。

公務員試験 合格する面接・訪問カードの書き方〈’08年版〉
公務員試験 最新最強のスピード合格法〈2008年版〉