■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今日がスタートの日。
週間東洋経済をよんでいたら、現状の子供への行政サービス・
支援があまりにもひどいので、悲しくなった。
お金がない、生活保護を受けている、離婚したが養育費が振り込まれない・・
・・、ずっと養護施設で暮らしていたが18歳になるとでていかないといけない。
もう戻るうちがない。

生活保護費もどんどん削減され、物価はどんどんあがり、生活するだけで
いっぱい。高校の授業料払えない。
これが現実です。
現場の公務員も戦っている人たくさんいます。
ケースワーカーカー大変な仕事です。

前置きはこれぐらい。
信念のある公務員さん、警察官さん、消防士さんを育てたい。
休みの日には、仕事での大変なこと、うれしかったこと教えてほしい。

そんなことを思って始めた公務員講座の講師も22年目。
小さい予備校EYEも関東関西5校舎になりましたが、
いざ、自分のやっていることを振り返ると
まだまだと思う。でも、またココから、いい公務員を送り出すことが
できれば行政の現場も司法の現場も警察の現場も消防救急の現場も
変わって行くと信じ、

新連載、誰でも受かる公務員!の執筆を始めようと思う。
しばし、付き合ってください。

執筆構成


1、助走、離陸、上昇、巡航、到着の5段階時系列で書いて行きます

2、何をどのようにどの順番でやっていくのか、具体的な数字を
  織り交ぜて書いて行きます

3、教養試験、専門試験、論文試験、面接試験全てにわたって
  執筆していきます。

4、脳科学、心理学、勉強術など、最新の入手した情報やメソッド
  を紹介していきます。

5、民間企業もいいけれど、利益以外に人生にはバリューがあることを
  共有できたらうれしいと思って書きます。

それでは、次回からの助走の部。構想に入ります。
お楽しみに。

公務員試験のEYE 主宰 今村潤平