国家公務員1種合格者 女性19%、過去最高

公務員合格者に占める女性は、増える一方です。なぜでしょう?
国家1種合格者の5人に1人は女性。多分、受けているのは、男性の10分の1
ぐらいでしょう。つまり2倍受かっていることになる。
さて、民間行くか、公務員にするか。ま、1種でなくても2種や3種もある。
国税も裁判所も地方もある。独立行政法人もある。併願もできる。

さて、女性合格者が増える理由とは・・・・・


1、勉強すれば受かる。男女平等な試験。民間とは相違。

2、結婚しても続けられる。出産、育児、教育、家事・・・。収入を
  安定させながら、両立できる。この点も民間と相違。

3、彼氏も(将来のだんなさん)も、公務員なら、超安定。話もあう。

4、公務員試験という株があるなら、今なら安く買える。つまり低倍率。
  普通に予備校に言って勉強すれば、誰でも受かる。

5、国家1種は転勤大いにありだが、地方公務員ならエリアは一定。


私大生、そして女性の合格者は、来年もっと増えるでしょう。
そして、倍率は今年がソコ。今年の新卒の5月末での内定状況を
みると、すでに10%ダウンしているし、学生に聞いた
シュウカツを終ってみての感想が、かなり苦戦した、かなり
たいへんだった、が、氷河期時期とタメの数字であったこと(日経新聞報道)を
みても、来年の公務員試験は幾分、倍率がアップするのは
やむをえないことだろう。


すでに、感づいているべきだと思うが、サブプライムローンの
問題は、そのれよりもっと大きな問題。つまり、資源高、原油高、
中国、インドのバブル崩壊、
全世界的な食糧危機と、インフレにより、むちゃくちゃになりつつ
ある。日本経済も企業の輸出と設備投資でどうにかもっているのだが、
輸出で外貨が稼げなくなるし、円高と中国・インドの経済減退が
くると、かなり苦しくなる。新卒をとる余裕はどんどんなくなる。
2年後はもっと大変だと思う。

マスコミの公務員バッシングはひどいが、あいかわらずの
単純刷り込みと思われ、そんな単純なことにも惑わされる
人は、いつものとおりである。

日本という国は残念ながら、一般国民、その他大勢だと
損をすることになっている。消費税アップもやはり
近づいてきている。

財政が困れば、消費税アップはやるだろう。
夕張とか大阪とか、マスコミはあいかわらずだすであろうが、
あれは、まだ一地域なので、ああいう形になっている。
夕張なんて、見せしめになっている。ああゆうやり方は
ひどい。

ちなみに日本全国財政破綻になる前には、消費税はらくらくとあがっている。
そういう国だ。日本は。

確かに役所もむやみに金を使ってきた。使い切り予算なんて
愚の骨頂。
市バスの運転手の給料が年収1100万とか、それはおかしい。
そういうことは、どんどん直していくべき。

といいつつ、夏の公務員賞与は平均80万ですか?
バッシングもされるか・・・。もらったほうは普通辞退はしないだろうし。
ま、知事ぐらいですかね。ニュースになりますから。



といいつつ、それを報道している全国紙新聞社勤務の社員の賞与は
楽勝120万以上でしょうが。ま、彼らも何かあるとすごく報道されますね。
やっかみもあるのでしょうし、責任もありましょう。

確かに、利益の配分という意味で賞与を考えたら公務員に賞与って
おかしいですね。会社なら旧NOVAなんて、お給与さえでないわ、
使い込みされるわ、前社長逮捕なんとかだわ、もう、民間というのは
容赦ないです。社員も。

今日は、なんかそういうニュースが目白押しの日。

今村潤平