米国発のサブプライムローン問題は
全世界にその悪影響が及び、ミスター日本企業のトヨタまでが営業赤字に
とうとう転落。
調子がいいのは、ユニクロとマクドナルドくらいというところまできました。

100年に一度というのは、世界恐慌以来ということです。

こういう時期に就職活動を迎えるということはどういうことなのでしょうか。

100年に一度なのに、まさか、丸腰で戦う気ですか?

そんなわけありませんね。
企業なら昨年より3倍は難しくなるでしょう。
公務員試験なら、応募人数は一気に増えるでしょう。

独力、独学は丸腰。
他力を使いましょう。
もちろん、自力が一番大事ですが、それだけで100年に一度に
対抗できるでしょうか。

公務員試験の他力は、公務員試験の予備校です。
それも、多くの人があと一歩のところで
残念な思いをしている面接対策、論文対策が肝心。

ここまでしっかりフォローしてくれるところを探してください。
スパートに自信があるなら、90日コース。

じっくりいきたい人は、1年コース。

どちらですか。

公務員試験の裏情報もお話します。
そういうことが大切ですが、
なかなか大学では伺えない話なんです。


それでは興味があれば、こちらのページへどうぞ。
情報と、面倒見と、合格率が違います。