経済開発協力機構(OECD)は
加盟国の雇用情勢に関する2009年の
報告書を公表した。日本については
15から24歳の失業率が9.9%に達したことを
挙げ、若者が苦境に陥っている
と警告した。

若者が雇用に関して明らかに弱者の固定化になっている。
若者への最大の雇用政策は公務員としての採用。
そのためには試験にうかるしかない。