いろいろあった三か月ですが、さすがにそろそろキャリーオンしないとまずいですね。
東日本だけでなく、どうやら西日本にお住まいの方も
相当心が痛んで、フリーズ状態になっていた三カ月でした。

日本の若者の皆さん、あの時大震災があったので、人生が変わってしまった、と
10年後言う自分は好きですか?

好きですか?
嫌いですか?

私は嫌いです。
そんな自分は大嫌いです。
地震、原発事故。たしかにそれはあったけれど、見事そこから這い上がりました。
ちゃんとどうにかしました、って言いたい。

だから一つだけ、いま、僕たちがしなくちゃいけないことは
しっかり前を向いて、フリーズの呪縛を解くことです。

フリーズという術にかかっている人はまだたくさんいます。
主婦でも学生でもサラリーマンでも。

公務員はどうか?
それどころでなく、とても忙しい。
自衛隊の人はわかりやすいだけれど、
市役所の人も東北に支援にずいぶん行っているので、現場を守っている若手も
めちゃくちゃ忙しい。けっして報道されないけれど、現場は住民のため地域のために
今、頑張っています。

そして、新たにホットスポット以外でも、放射線データを測りだした、都庁、県庁、市役所、区役所の環境課の
職員の皆さん。

住民の安心のために頑張ってください。

東海地震が来るかも。
次は千葉沖地震だって・・・。

だから、何もしない?
そんな人は、そうしていてもらって、

僕たちは備えながらも、将来のために次のステップのための時間を
作りましょう。

自分に何ができるのか?
なにもしない自分よりずっと素敵な自分を作ることです。

20代の皆さん、あなたはおかねが好きですか、会社が好きですか、海外転勤が好きですか、
外国人と働くのが好きですか、英語が好きですか、日本が好きですか、日本人が好きですか、
故郷が好きですか、自分の街が好きですか?

いいんですよ。好きなことを重視して。
好きなことを続けられるために、この1年間があるのです。

地震なんてぶっとばさないといけないのです。

あなたはどう思われますか?
感情に正直になって、自分を見つめましょう。
自分を大事にできるのは自分だけなんです。


今村潤平拝