関東地区は池袋校で。関西地区は二日連続、大阪、京都の順で。

内容は・・・

東京地区:最初にミニレクチャーを60分。最初の30分は、特別ゲスト講師佐々木丈裕先生のお話。後半が私の模擬面接100人を担当しての話。
エッセンスを記すと、チューターゼミは本当に効果てきめんだが、それに出たから安心している人が随分といる。センスがあればチューターゼミだけでもいけると思うが、そういう人はチューターゼミの参加者の10人に一人だと思う。自分だけのオンリーな志望動機になっていない人が多数。もうひとつ。面接は相手に合わすという面も大きいし、言葉のキャッチボールなので、レクチャーや講義ではどうにもできない。レクチャーはあくまでも、マナーや知識を
もたらしてくれるだけと心得てほしい。

休憩を挟んで、面接対策のワーク(グループワークとセルフワークの混合)


関西地区:今村のレクチャーが約60分。内容は東京地区を厚くした感じ。
休憩を挟んで、面接対策のワーク(グループワークとセルフワークの混合)


はじめにスクランブル自己紹介5回転。持ち時間は一人1分間。
人数をこなすたびにうまくなっていく自己紹介。面接とは自己紹介に始まり
自己紹介に終わるのだ。
これでボディとハートのウオーミングアップ終了。

で、グループワークをこの後2回転。
4人で模擬面接。集団模擬面接方式。持ち時間は15分間。
その後アドバイスタイム。

合計3時間の長丁場の面トレでした。
心地よいか、圧倒的な精神的に燃えた疲労感が、教室中に
漂っていました。当然です!

面接対策はこうじゃないといけないのです。
キャンセル待ちになった人も、チャンスに後ろ髪はないということを
わかってもらって、以後開催される、今村塾、その他の催し物、イベント、相談会、質問会、ミニレクチャー、模擬集団討論、模擬プレゼン、OBOG相談会など、見逃さないで。定員の設定はどうしても必要です。定員を無視すると
かえってクレーム出るので。つまり、指導のクオリティが下がるのです。ですから、有限な時間の中で、最適な定員でこれからもEYEは様々な教育プログラムを実施していきます。

今般、関東地区の祝賀会も実施し、模擬面接を受けられ、もしくは今村塾を受けられた方、ならびに都市伝説の私のサインをもらった方から、多数お礼の言葉をいただきました。最前線の指導に顔を出す頻度はそんなにないですが、
EYEという合格システムそして、安くて受かる面倒見システム作成の、リーダーとして、うれしいよ。

それではよいお年を。