仮オープンの渋谷と大阪のEYE.
いよいよ、4月1日グランドオープンです。

新設・移転・改装を次々と行ってきたEYE.
まずは、新宿校を新規オープン。
次に、東京本校をリニューアルオープン。
次に、池袋校を移転。さらに、池袋B館をオープン。
その次は、大阪を駅近くに移転。これが今年の1月でした。
そして、渋谷を駅ちかに移転。これが今年の2月でした。

さらには、最後に集大成、京都のリニューアルオープン工事に着手。
4月に間に合わせようと急ピッチで、設計図を描いているところです・

どんどん通いやすくなる。
利用しやすくなる。
友人も作りやすい。
面接の練習も質問も、個別相談もどんどん利用してください。
EYEの専任アドバイザーも、今般二名、東京・関西に1名ずつ増員しました。
勉強もはかどる。
ESの相談もできる
面接準備も、模擬面接の準備も万全。

さあ、アベノミクスによる雇用拡大は早くも踊り場に向かいそう。
バリバリ利益主義の民間志望の人は置いといて、
これからの日本や地域、地元を守る、公務員、警察官、消防、そして、
国立大学法人の職員にしっかりなっていきましょう。

この国の経済はもたないです。人口減少、高齢化、少子化、企業の国外脱出(
工場はめちゃめちゃ国外に移転しますね。国内投資が減るのは当然です。ですから、雇用は海外で現地の人になるし、日本の新卒も国外勤務になるのは当たり前です。そんなこともわからないで、シュウカツしている学生さんたくさんいます。日本は肝心なことを若者に教えませんし、若者も知る努力をしません。不思議な国というか、若者がかわいそうな国です)。

公務員は、多くの困窮した国民へセーフティネットの手をさしのべなければなりません。しかし、財政は逼迫しています。しかし、増税ばかりしていると
国民はより一層困窮するし、富裕層ばかり狙い撃ちの増税では、彼らは国を捨てて移住していく人も増えるでしょう。

この国のかじ取りはとても難しいのです。だからこそ、やりがいもあるのです。