やってきました。早起き特訓開校式。

早起き生でなくても、公務員になるのなら、朝型にチェンジ!

2月5日の開校式には、一番前から一番後ろまで大教室東京本校がずっしり満員。
なぜか、一番後ろの席だけ、3人がけ!

TFTという、勉強を始めるまえの儀式を教えました。
自信と勉強の女神に降りてきてもらう儀式ですね。
次に目を瞑って、浮かんだ言葉をノートに書きました。みんな、なんと書
いたのでしょう? 合格、ですかね。

次に、合格の3原則を説明。

1、朝起きる
2、教室に、入る。
3、オートマチックに、勉強する

普通に来校すれば、あとはすることないですね。勉強のほかに。
民間なんて研究していても、これからの日本のこと考えていたら
ほとんど無理がきますしね。勉強して受かって、お金ない国民でも
幸せに安心して暮らせる国や地域作ったほうが、生まれてきた甲斐が
ありますものね。

最後に、雄たけび。
絶対に合格するぞ。これをみんなで唱和。

たった15分でしたが、教室中が熱気でムンムン(古い表現ですね)。
そのあと、すぐに、数的処理の演習ラウンド1がスタート。

一瞬にして教室はシーンとしたのでした。

ここからはEYE受講生へ案内


合格方法確立講義パート2
どの模試受けるの、模試の活用5段階、ラストスパートの仕方
1日10時間の持たし方、2月、3月、4月のあげていき方
2月13日水曜日東京本校14:30-16:00
2月29日金曜日池袋本校18:30-20:00

*授業終了後、質問タイム。渋谷校はスペース上、ブース受講または出張受講。


第3回今村塾ももうすぐ募集開始。今村塾は面接オンリー。

講義編では、とうとう志望動機を作ることになります。
まずは第1志望先に集中。第1ができれば第2、第3はとんとん拍子。
そして、時間が残るでしょうから今回よりその他質問へ入って行きます。
参加者はいつものように、スピード合格と、面接カード本を持参すると
便利でしょう。

ワーク編では、志望動機をメインにして、どんどん、難易度をあげた面接ワークを
していきます。
今年の面接はさらに人間性を掘り下げてくる試験になります。筆記は筆記で
しっかりやっていきますが、忘れちゃならない面接特訓。こういう機会は
大事にしてもらいたいです。不況で倍率が倍になる前にうかってもらいたい!
もうアメリカがだめなことは、有識者ならみんなわかっています。そして、
アメリカがこけると、いまや世界経済はくっつきすぎ。中国もインドもこけ
ることになる。そしたら、世界同時不況です。日本はもともと内需、消費だめ
ですから、輸出が止まれば、企業は大減益、赤字です。そこからどうなるかは
説明不要だと思います。

男女平等、安定、転勤なし、感謝されるしごと。それは公務員・警察官・消防士。

いまむらじゅんぺい(EYE)