2010年に大学を卒業する学生の内定率は
ワースト3の62.5%。

2011年は50%を割り込むことが予測される。
リーマンショックより厳しいショックはもう起こらないと
いわれているが、本当だろうか。

民主党政権の政策は、企業の採用にどのような影響を
与えるか?

大変だ。俺たちは被害者だといっている人はほおって置いて
あなたはあなたの対策を淡々と行えばいい。

それだけのこと。
民間は、圧倒的に優秀な人なら一流企業で離職率低いところが
採ってくれる。心配なし。上位2割ぐらいか。

問題は中間層。
この人たちは、この数ヶ月の動き方で人生のあり方が
変わるといってもうそにはならないだろう。

今これを書いている時間、
水道橋校舎では、早起き特訓の説明会に100名近くの人が
きている。

大事なことはやることだ!
努力しないで心配だけして人生がいい方向に転がったら
どんなにいいことだろう。そんなことありゃしないし、
そんなこと期待しているからどんどんおかしくなるんだ。

同志社や立命館という偏差値の高い大学に通っているのに
就職についてはぬるい考えをしている人が、どうも東京の
同じ偏差値あたりの大学よりも率は多いような感じがする。
私の勘違いだろうか。ならいいが・・・。東京にいないということが
不利にならないように、ならないように。


京都はいい企業がたくさんあるが、問題はそこが積極採用に
出るかということ。
ならば、何か対策を早め早めに打たなければならないし
もう待ったなしの人は、自分がやろうとしていることの2割増しで
つっこんでいくしかあるまいて。

違うの?
学校の単位は単位で定期試験はやるとして就職できないとたいへんだし、
二流のところに就職すると、そうとうまずいことになるし
腹を据えて本当に人生のこと、自分の将来、日本、地域、家族の
将来を考えたほうがいい。

財政破綻ですか?
そのときは、公務員ごときの給料を下げたって焼け石に水。
そりゃ、経済どうなろうと、大増税でしょうよ。

国債やら地方債やらが1000兆円とかなったら、そりゃ公務員の世界だけではどうにもならず、
1億2000万人の国民共々でしょう。そういう人を議員として選んでいる民主主義
なんだから。

そうなる前の今なんだよね。
そして、それはそれとして
今のあなたたちができるベストなことは、公務員の過去問を解くこと。




とまあそういうことになるでしょう。受かりたければさっさと勉強することですよ。
勉強しないで受かろうとか
精神面やテキストの質問ばかりしているとか
お金がないことを勉強しないことの言い訳にしていたりとか

まあそういう人は奏して置けばいいのですよ。
あなたは違うのだから。

受験は勝つしかない。