招致のプレゼン、ロビー活動見事でした。まさに日本の底力を見た気がしました。

2020東京五輪に向かって、
お台場地区を中心にインフラが整備されていきます。
お台場は、東京都江東区が多くを所管。もちろん、これからメインで
動くのは東京都庁。そして、バックアップはスポーツ所管の文部科学省。

かなりの確率でスポーツ庁もできるのでないでしょうか。

もちろん2020で終わりでなく、それをきっかけにして
世界の人々に観光に来てもらえるようにしていく観光庁の活躍も期待できます。

民間では、インフラの準備ということから、ゼネコン。
観光ということから、JTBとかHISとか阪急交通社とか。
有望です。
今年、海外からの観光客が激増していますが、それでもやっと1000万人に届くかどうかです。
これが2020には2500万人と言われています。

公務員の世界では、文科省、都庁、江東区。さらには国土交通省、観光庁、そして、実現するかもしれないスポーツ庁。こういったところが、2020オリンピック関連で活躍できそうだし、
2020以降も有望だと思います。


こういう視点で就職活動してもいいと思います。
民間でも公務員でも。

かなりの確率で日本に来てくれた海外の人は日本のファンになってくれると思います。

安全だし日本人の多くは親切だし、落としたお財布が戻ってきたり、深夜一人で歩けるし、電車の時間は正確だし、ドーピングする選手は皆無だし、お・も・て・な・し は世界一レベルだし。


台場のオリンピック会場へは、専用の道路・レールで連結のバスがとおり、路面電車もとおりそう。豊洲から住吉までは地下鉄が延伸。さらには第二晴海通りができ、もうひとつ。羽田ー成田リニア新幹線構想もあります。

たぶん、実現してしまうのだと思います。日本人には底力あるから。


あなたは2020五輪。見に行くだけですか?ボランティアだけですか?

せっかく一生に一回の機会ですから、オリンピックに参加できる仕事に就いたらいいのではないですか! 若い人はいいよね。

たぶんね。役所の方も大忙しで絶対、人足りないから、人員大増員だね。民間よりいいんじゃない。
大チャンス! 
浮かれている国民側もいいけど、勉強して公務員試験に受かって内部で仕事としてかかわっていく。2020東京に。それっていいよね。凄いことでしょ。

だったら、勉強して公務員試験に受かりましょう。絶対に。
メインの部署で働けないかもしれないけど、ボランティアや観客よりはずっと近い所で
五輪にかかわれるのではないでしょうか。

七年なんてあっという間ですよ。

今村潤平(EYE)